HomeFAQ

ガラスコーティングや洗車についてのFAQ

ご質問

 

コーティング保証期間 保証期間についてですが、これは使用環境、保管方法、洗車方法などによってだいぶ変わって来てしまうのが現状です。
室内保管でほとんど車に乗らない場合などは2~3年、もしくはもっとキレイな状態を保つことが可能かもしれません。
また屋外保管などで洗車は、洗車機によって頻繁に洗車、または過酷な環境での使用ですと1年も維持出来ない事もあります。 当店では、今のところ曖昧な保証はしておりませんが、きっとご満足して頂けると思います。

当店では、「ボディーコーティング加工証明書」という物を発行させて頂いております。これがあれば、万が一の時に自動車保険の適応を受ける事が出来ますので安心です。
他店で時々聞く、コーティング5年や3年間保証 コーティング3年保証・5年間保証ですが、普段の手入れは水洗いだけ、通常では落ちない汚れ・ピッチ・タール等は専用メンテナンスクリーナーを使えば5年間ワックス掛け不要で新車の輝きが長時間保てると宣伝されていのを時々聞きます。
貴方は、その3年やら5年間保証の内容をお読みになった事はありますか?保証書の内容は「期間中に塗装光沢面が明らかに劣化した場合には無償補修します」と書いてあり、コーティングにいては特に書いてない場合が多いようです。
その塗装光沢はいったいどの位劣化したら保証していただけるのでしょうか?
しかも水アカ、鉄粉、鳥のフン、ウォータースポット、などについては保証外と書いてあるはずです。
当社としましては、1~3年に1回、磨き&コーティングをして頂ければより長く愛車を美しい状態でお乗り頂けると思います。
コーティング後の洗車方法は? おすすめは、手洗い洗車で通常は良いです。もし汚れが目立ってきましたらシャンプーで洗車することも良いと思いますが。
但し、このシャンプーなど使用する時は、日中帯の直射日光が差す時間帯を避けて洗車される事をおすすめいたします。
確かに天気の良い日に上半身裸?(笑)などで日光浴をしながら洗車するのは、気持ち良いのですが、これが一番危険!
ご存知の通り日中帯の天気が良い日は、車のボディがとても暑くなります。このため洗剤をボディに付け洗っている最中にどんどん乾いてしまい、シミの原因となってしまうことが多々あります。 ご注意下さい。

私は、以前コーティング屋を行う前は、毎週コイン洗車場で早朝か夕方以降に洗うようにしておりました。(^_^;
施工料金が他店と違うのはなぜ? これについては、皆さまが一番疑問に思うところでもあると思いますが。
一番の違いは、下地処理が大きく関わってくるところです。
当社も念入りに洗ってコーティングするだけならもっと安く出来ますが、どうせコーティングするなら一度、細かなキズやシミなどを可能な限り取り去りコーティングさせて頂いただいております。
是非、当社のこだわりを体感して頂ければと思います。
※時々、磨き処理を行っていると言っているにもかかわらず、磨き作業をほとんど行わない所もあるようです、ご注意下さい。
いつもシャッターを閉めているようですが営業しているの?

誠に申し訳ございません。 施工作業中は、出来る限り外部からのホコリを避ける為と磨き中は、外部からの光が入りますとキズやシミなどが見えづらくなる為、暗室のような環境で特殊照明の光のみで作業する必要があることから普段は、閉めさせて頂いております。
何卒ご了承下さい。
事前にご連絡頂ければ、入庫作業中のお車の状態にもよりますがシャッターを開けお客様をお待ちしておりますので是非、事前にご連絡頂ければと思います。

鏡面加工とは? 時々、耳にする「鏡面加工」。鏡面加工と言っているのは、塗装表面を限界まで磨きに磨いてボディへの映り込みが鏡かのようなまで磨く事を一般的にはいうと思います。
但し、これは愛車を長くお乗りになる場合は、とても危険が伴う事をご存知でしょうか?
車の塗装厚は、120~150ミクロン(1000ミクロン=1mm)しかありません。という事は、あまりガンガン磨いてしまうと後が無いと言うことになります。一度「鏡面加工」なんて事をしてしまうと1~2年後に小キズが増えてきたからと言っても磨く塗装の厚さが限界まで来てしまっている場合が多くもう修復不可能な状態になってしまいます。
当店では、極力無駄な磨きを抑え磨いても1~3ミクロン程度、通常なら10回位は、磨いても大丈夫なようにマージンを取って施工させて頂いております。
もちろん通常の洗車キズ程度でしたら1~2ミクロンも磨けばピカピカになるのでご安心下さい。

「鏡面加工」・・・どうもこの表現もお店により曖昧なようで、安易にキレイになる事を鏡面と言っている場合もあるようです・・・。
コーティング後、ガソリンスタンドで洗車しても大丈夫ですか? はい。ガソリンスタンドに洗車をお願いしても大丈夫です。
ただ出来ましたら、手洗い洗車がおすすめです! 洗車機ですと、どうしてもブラシの細かなキズが入ってします(>_<)
お忙しい時は、洗車機もいかしかたないですが、おすすめは手洗い洗車が一番です。
コーティングしたホイールの洗い方は? ホイールを洗う時は、スポンジで水洗い、もしくは洗剤などを付けて洗って下さい。
ブラシなどは、避けた方が無難です。ブラシの種類にもよりますが毛先が固いものなどは、キズが入りやすいのでご注意下さい。

コーティング後の事故により再塗装になった場合 コーティング施工後、万が一車両が事故等で再塗装になった場合(自損事故、他者との接触事故等)、保険でお車を直す時にコーティングも保証の対象となるケースがあります。
もし何かトラブルが発生いたしましたら、当社までご連絡下さい。
ペンキミスト(ペンキの付着)など対応してますか? ペンキの付着度合いにもよりますが、ペンキが飛んで付いた粒々の状態でしたら概ね除去可能です。
ケースとしましては、近隣の建物の塗装工事などで発生する事が多いようです。
このようなトラブルも対応しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
以前、他店でコーティング後、何回か洗車していたらキズが出てきたのですが、美車工房は大丈夫? 当店は、コーティング後消えたキズは、何回洗車しても出て来ません。(キズを付けない限り)
なぜなら、コーティング前にキズを除去しているからです。 他店や市販のコーティング剤は、塗る事によりキズが目立たなくなる場合もありますが、それは一時しのぎにしか過ぎません。
また時々、下地処理を念入りにと言っておきながら、ほとんど磨いてないケースもございます。  ご注意下さい。
ウィンド撥水コーティング剤はお店で売っている一般の物と違うのですが? 当店で使用しているウィンド撥水剤は、量販店などで売られている撥水剤とは異なり一般の撥水剤より耐久性が優れてます。
何が違うのかと言いますと、そもそも液剤の成分が違い一般の物は、シリコンの物が多く、 当店で使用しているのは、特殊フッ素がガラス表面と化学結合する物で耐久性が全く違います。
ただ、ノーワイパーを好まれる場合は、シリコンの方が良く撥水する傾向ですので市販の物でも良いかと思いますが、ガラス面の雨じみなどからの保護を考えますとフッ素系の方がとても良いと思います。
巷で売っているホイールコーティング剤はどうなんでしょう? はい。私も以前お店を始める前にネットやお店で売っているホイールコーティング剤を購入して試した事があります。
中には良い物もありましたが、物によってはやらない方が良かったコーティング剤もありました。
アドバイス出来るとすれば、余り皮膜が厚くならない液剤が良いと思います。
欲張って何度も重ね塗りをして厚く塗ってしまうと、走行条件にもよりますがブレーキダストがコーティング皮膜に食い込んでしまったのか、かえって鉄粉が付着してしまった事があります。
ホイールはボディと違って一度塗ってしまったコーティング剤を剥がす事が困難ですので、ご自身で施工される場合はご注意下さい。
コーティング加工証明書 当店では、「ボディーコーティング加工証明書」という物を発行させて頂いております。これがあれば、万が一の時に自動車保険の適応を受ける事が出来ますので安心です。
例えば、相手の過失で愛車がキズ付けられた場合など、板金修理費はもちろん、再コーティング代まで請求する事が出来ます。
爪が引っかからないキズは必ず消せますか?

消える場合と消えない場合がございます。
完全に塗装がはげてなくても、クリアー層より下の塗装まで傷が入ってしまっている場合などは、厳しいです。
クリアー層の範囲でしたら磨けばだいたい消えるか、キズが薄くなる感じまでいけます。

※ご質問どしどしお待ちしております。