Homeガラスコーティングについて

ガラスコーティングについて


当店は専門知識をしっかりと身につけたプロフェッショナルです。
心置き無くお任せ下さい。

と言いますのは、ガラスコーティング剤と言ってもいろいろあるのですが。
例えば、屋外駐車場に止めているお車は、親水系のガラスコーティング剤が「雨じみ」が付き難いとか、屋根付き駐車場やガレージ保管のお車は洗車後の拭き取りが楽な撥水系のコーティング剤を使用した方がよいなど一般的に言われておりますが、これは机上の一般論だと私は思います。
コーティング剤によっては、屋外保管でもA社の親水より、B社の撥水系のコーティング剤の方が良かったりと言った場合もあるのです。

当店では、コーティング剤によってランクを分けた施工は今のところ行っておりません。
確かに多少コーティング剤によって液剤の価格は違いますが、どうせ施工させて頂くなら、今現在最良と思われる物(コーティング剤)を施工させて頂きたいと私は、考えております。

今現在、おすすめしているのは、いろいろと比べた結果、撥水系のガラスコーティング剤を施工させて頂いております。

磨き同様、コーティング剤も比較研究が必要です。
ガラスコーティング剤のメーカーの謳い文句を鵜呑みにせず、日々テストを繰り返しながら自分の目で確認し、最良のコーティングを目指しております。

特にご注意頂きたいのが、3年耐久5年耐久xxx保証などを掲げているコーティング。
たぶん、基準となるのがガレージ保管の場合や室内で水を流して何時間テストしましたなどだと思います。
ガレージ保管でほとんど乗らない場合でしたら、当店も「5年耐久です!」と大声で言えますが、正直にいってそんな乗り方をする方はほとんどいらっしゃらないと思います。
現実は、酸性雨にさらされたり、日光に何時間も照らされたりとハードな状況だったりとします。
私がテストを繰り返している環境は、屋外駐車場で日陰も無く、たぶん比較的ハードな環境での保管状況だと思います。そのような状況下での使用で日々他店様も使用されているコーティング剤をテストし最も良いと思われる物をコーティング剤の仕入れ価格に関係なく、お客様へ提供させて頂いております。

※この5年耐久5年保証問題ですが
簡単に説明無しでだだ~んと表示するものだから、皆様あとから騙されたと言って後悔されている方をよくお見かけいたします。使用環境などによって汚れ方は本当にさまざまです。 ただ声を大にして言えるのは、コーティング有り・無しでは、ほんとうに汚れの付き方が全然違うのは確かです!

大切な愛車は、紫外線、塩害、酸性雨、樹液、虫といった過酷な環境に常にさらされています。
そう言った環境から大切な愛車を長期間守るためにも私が選んだガラスコーティングおすすめ致します。

ガラスコーティング液剤

ガラスコーティングの主な特徴

耐候性   紫外線・酸性雨等、環境の悪影響からボディを守ります。
防汚性   汚れが固着しないので、水洗いでカンタンに流れ落ちます。
接着性   塗装と強く密着し、長期間コーティング性能をキープします。
耐熱性   高温による軟化が起こらず、汚れの抱き込みを防止します。
耐薬品性 排気ガス等に含まれる有害成分による塗装の劣化を防止します。
硬質    強く硬い被膜が、チリ・ホコリ等によるキズ付きを防止します。
光沢    ガラス状被膜ならではのキラめくように美しい輝きを演出します。
ツヤ    厚く透明な被膜で息を飲むように深く質感のある艶を実現します。

ガラスコーティング撥水

こちらの画像は、撥水系のコーティングを使用しております

当店が磨きに拘る訳
まず、ガラスコーティングの液剤を使うだけではお車が美しくなることは不可能です。
磨かずしては、更に美しくなるべからず。職人技である磨きを行使しなければ、お車の更なる美しさが再生することはないのです!
そしてすべてのお車は、まるで宝石の原石のように至高の美しさを秘めているものです。
しかし、原石はそのままでは美しいわけでは無いのと同様、お車も丹精こめて丁寧に磨くことにより更なる美しい輝きを放ちます。
たとえ新車であってもやはり原石なのです。それぞれのお車に合った正しい磨き方により美しい輝きを放つ宝石になります。